忍者ブログ
メタル魂を感じるモノならば何でも批評するHM/HRブログ。「オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠いメタル坂をよ・・・」
パウンド・フォー・パウンドとは格闘技の世界で、仮に体重のハンデがなかったとした場合に最強と目されるチャンピオンに与えられる称号、もしくはそのような選手を考える思考法自体のこと。

我ながら世界初の試みだと思う"HM/HRヴォーカリスト パウンド・フォー・パウンド ランキング"を発表します。
あくまで個人的見解であると前置きします。

評価基準は
・全盛期での評価
・声量
・声域
・表現力
・ライブでの安定感
を考慮した結果は

01.ロニー・ジェイムス・ディオ
02.グラハム・ボネット
03.グレン・ヒューズ
04.マーク・ボールズ
05.ヨルン・ランデ
06.ジョン・ウエスト
07.人見元基
08.ダニエル・ハイメン
09.ロブ・ハルフォード
10.エリック・アダムス

以上、エリック・アダムスは最も過小評価されているHM/HRヴォーカリストの1人であるとの主張をしたいがための記事でした。



チャンチャン。

PR
この記事にコメントする
お名前(Name):
タイトル(Title):
文字色(Color):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
パスワード(Password):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
パンサー
性別:
非公開
HM/HRベストセラー
バーコード
ブログ内検索
メールフォーム
ご意見、ご感想があれば下記よりご連絡下さい。
ノアだけはガチ

Copyight© MMAメタル All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]