忍者ブログ
メタル魂を感じるモノならば何でも批評するHM/HRブログ。「オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠いメタル坂をよ・・・」


SUPER SIX WORLD BOXING CLASSIC第3試合。

アテネ五輪金メダリストなのに殆ど注目を浴びることなくキャリアを積み重ねてきたアンドレ・ウォード選手の世界初挑戦ですが、相手がいきなりS・ミドル級現在最強と目される男前ミッケル・ケスラー選手。

 

初戴冠は困難かと思いましたが、試合は予想外のワンサイド・ゲーム。
偶然のバッティングによるケスラー選手の目尻カットのため11回までの判定3-0でウォード選手の勝利。

私の採点でも99-91の大差!!。

現在のPound For Poundフロイド・メイウェザー選手のようなタッチ・ボクシング+変体仮面バーナード・ホプキンス選手のクリンチワークを駆使したレベルの高いボクシングは玄人以外には受けにくいスタイルですが、個人的には彼を応援したいですね。

WORLD BOXING CLASSICも本命が星を落としたことで俄然面白くなってきました。

PR
この記事にコメントする
お名前(Name):
タイトル(Title):
文字色(Color):
メールアドレス(E-Mail):
URL:
コメント(Comment):
パスワード(Password):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
パンサー
性別:
非公開
HM/HRベストセラー
バーコード
ブログ内検索
メールフォーム
ご意見、ご感想があれば下記よりご連絡下さい。
ノアだけはガチ

Copyight© MMAメタル All Rights Reserved.
Designed by who7s.
忍者ブログ [PR]